地震に強い家を買う|注文住宅を建てる際は耐震性も重視しましょう
一軒家

注文住宅を建てる際は耐震性も重視しましょう

地震に強い家を買う

住宅

安心して暮らせます

静岡で戸建て住宅を買う場合、どうしても気になってしまうのが、どの程度の震度の地震まで耐えられる家なのかという問題です。静岡には活火山の富士山がありますから、その噴火も心配ですが、いつか起こるであろう南海トラフ地震のことを考えないわけにはいきません。火山の噴火や巨大地震がいつ起こるかについては、誰も予想することはできません。50年経ってもまだ起こっていない可能性がある反面、明日起こっても全くおかしくない面もあります。いつ災害が発生しても大切な家族の命を守れるように、頑丈な家を建てておきたいと考える人がほとんどです。静岡で営業している不動産業者は、そのような静岡県民の心を痛いほどわかっていますので、耐震性能の高い戸建て住宅を紹介してくれます。客の要望に応じて戸建て住宅の耐震診断を行っている不動産業者もおり、多くの静岡県民から高い信頼を寄せられています。

住宅の構造

現在販売されている建売の戸建て住宅は、全て建築業法上の耐震基準を満たしています。かなり震度の大きい地震が起こった場合でも十分耐えられるほどの強度になっていますので、安心して購入することができます。ただし、建築業法が改正されて新耐震基準が設けられる前に建てられた家は、はっきり言ってあまり頑丈な造りになっていません。新築物件に比べるとずっと値段が安いという理由で中古住宅を購入する人が少なくありませんが、築年数が古い住宅は新耐震基準を満たす構造になっていない可能性が高いので、注意する必要があります。しかし、そのような戸建て住宅を購入した場合でも、後から耐震性能を高めるリフォーム工事を実施することができます。多くの不動産業者がその種のリフォーム工事の相談にものってくれるようになっていますので、何でも遠慮せずに相談してみることをオススメします。